歯茎が見えすぎる状態|疑いのある場合は早めに治療を|歯周病予防や対策をしよう

疑いのある場合は早めに治療を|歯周病予防や対策をしよう

歯科

歯茎が見えすぎる状態

女性

歯茎の露出が過度な状態

歯科での治療は虫歯や歯周病の治療、親知らずの治療などが主な要素ですが、歯科の中でも、見た目の美しさを矯正する審美歯科というジャンルがあります。審美歯科は歯並びの矯正や、歯のホワイトニングなどが主な治療方法です。ガミースマイルとは、口の中を大きく見せた時に上の唇が上がって、歯茎の大部分が見える状態のことを言います。笑った時にわかるため、気にして口を開けて笑えなくなり、気分も落ち込む人も多いものです。歯茎が見えすぎると生々しい印象があり、あまり美しく見えません。肌や顔の作りはメイクなどである程度ごまかせますが、口の中の形の矯正は自力では難しいものです。ガミースマイルの矯正など、審美的に劣る状態を治療するのが審美歯科の役割です。

負担の少ない治療法

ガミースマイルの治療法には、ボトックス法と、手術による治療法に大きく分けられます。手術での治療はあごの骨を削ることになり、非常に大掛かりになります。時間や費用も大幅にかかりますし、日常の生活に戻れるまでの時間もある程度必要です。そのため、ガミースマイルの治療ではボトックス法のほうがより多く行われています。ボトックス法とは、上唇にボトックスを注入し、上唇の上がりすぎを抑制して歯茎の露出を抑える方法です。副作用やアレルギーの心配がほぼありません。治療中も食事など日常生活が普通に送れます。ボトックスの効果は6ヶ月ほど続くと言われています。もし効果が出すぎても、注入をやめれば自然に元に戻るとされています。